Thumbnail of post image 017

御言葉

アブラハムは朝はやく起きて、ろばにくらを置き、ふたりの若者と、その子イサクとを連れ、また燔祭のたきぎを割り、立って神が示された所に出かけた。 (創世記22:3) ------------------ ゴミ回収業のベテランが語るには、高級住宅地と一般住宅地とではゴミの量が違うのだそうです。 どちらが多いと思われますか? お金がある人が集まっている地域では、たく ...

Thumbnail of post image 166

ルカ講解,御言葉

これらのことを話された後、八日ほどたってから、イエスはペテロ、ヨハネ、ヤコブを連れて、祈るために山に登られた。 (ルカ9:28) ------------------ テレビの長寿番組と言えば水戸黄門です。 「越後のちりめん問屋の隠居、光右衛門」 と名乗る老人と旅の一行が、悪人によって起こされた事件に遭遇します。 このまま悪が勝つのかと思いきや、番組の最後で ...

Thumbnail of post image 068

御言葉,生活の処方箋

何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。 (ピリピ4:6) ------------------ 大方の人は、その誕生の時、大声で泣きます。 そしてまわりは大喜び。 このように人生をスタートします。 感情は、一生、私たちの根底にあるものです。 -*-*-*-*-*-*- 大人 ...

Thumbnail of post image 095

御言葉

神は言われた、「あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい」。 (創世記22:2) ------------------ 今日は神の命令が下されたところです。 ここはアブラハムの人生のクライマックスで、信仰の上級者が受けるテストであることを知りましょう。 -*-*-*-*-*-*- アブラハム ...

Thumbnail of post image 146

御言葉

だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。 (ルカ9:23-24) ------------------ 十字架を負うシリーズの最後として、星野富弘さんの絵と詩を見ていきましょう。 恵みによって自分を捨て、十 ...

Thumbnail of post image 144

御言葉

これらの事の後、神はアブラハムを試みて彼に言われた、「アブラハムよ」。彼は言った、「ここにおります」。 (創世記21:1) ------------------ 私が大学生活を始めた下宿では、そこの主(ぬし)たる医学部6年生の先輩がいました。 ある時、 「本当に医者になる実力はあるのか?」 と、仲間の1年生らと共に冷やかしに行き、ビッシリ詰まった本棚の中から ...