Thumbnail of post image 071

御言葉

ある時、ヨセフは夢を見て、それを兄弟たちに話したので、彼らは、ますます彼を憎んだ。 (創世記37:5) ------------------ 人は寝ている間に夢を見ますが、その間、脳の中で記憶の整理をしていることがわかってきました。 重要なことは長期記憶の層に保管し、そうでもない些細なことは忘れるのです。 また、嫌な記憶は悪夢としてよみがえりますが、それも何 ...

Thumbnail of post image 090

御言葉

ヨセフは年寄り子であったから、イスラエルは他のどの子よりも彼を愛して、彼のために長そでの着物をつくった。兄弟たちは父がどの兄弟よりも彼を愛するのを見て、彼を憎み、穏やかに彼に語ることができなかった。 (創世記37:3-4) ------------------ 「なんでこんなに可愛いのかよ 孫という名の宝もの」 大泉逸郎さんが歌う『孫』の冒頭の歌詞です。 自 ...

Thumbnail of post image 148

ルカ講解,御言葉

恐れるな、小さい群れよ。御国を下さることは、あなたがたの父のみこころなのである。 (ルカ12:32) ------------------ 前回のメールの最後で、「御国」とは正確には黙示録の大患難時代の後に来る「千年王国」のことだと述べました。 私たち日本人が「御国」に抱くイメージは、仏教の「極楽」に近いイメージで、蓮の花が咲く穏やかな地で、皆仲良く暮らす世 ...

Thumbnail of post image 026

御言葉,生活の処方箋

この女はできる限りの事をしたのだ。 (マルコ14:8) ------------------ 同じ事を考え、同じ事を成しても、結果が違うのはなぜでしょうか。 それは、出発点が異なるからです。 「物事を楽に済まそう」 と考えて事を始めると、本来60の実力があっても力が削がれ、60以下の仕事となり、良き結果は得られません。 しかも、その結果が自分への評価となり、 ...

Thumbnail of post image 076

御言葉,生活の処方箋

だれかが弱っているのに、わたしも弱らないでおれようか。だれかが罪を犯しているのに、わたしの心が燃えないでおれようか。 (第2コリント11:29) ------------------ 夢と希望を実現させるためには、試錬、困難を乗り越えてゆく、内なる動機、モチベーションが鍵となります。 夢を叶えようとする時に、必ず、試練や困難がやって来ます。 また、試練や困難 ...

Thumbnail of post image 012

御言葉

ヨセフは十七歳の時、兄弟たちと共に羊の群れを飼っていた。彼はまだ子供で、父の妻たちビルハとジルパとの子らと共にいたが、ヨセフは彼らの悪いうわさを父に告げた。 (創世記37:2) ------------------ 生活が不安定な時代は出生数が増え、安定すると出生数が減り、人口が減少します。 ですから、人口が爆発的に増えている国でも、国内が安定すると子供が生 ...