キリスト教入門, 御言葉

アブラムは主を信じた。主はこれを彼の義と認められた。 (創世記15:6 ) ------------------ 「なぜ聖書では『義』という専門用語を使い、一般人に馴染み深い『正義』という言葉に言い換えないのだろうか」 これは私の長年の疑問でした。 そこにはきちんとした理由があります。 -*-*-*-*-*-*- 「義(ぎ)」とは正しさを表す語です。 義と正 ...

キリスト教入門, 御言葉

そののち、イエスはガリラヤの海、すなわち、テベリヤ湖の向こう岸へ渡られた。 (ヨハネ6:1) ------------------ 聖書を読み始めた頃、イスラエルには同じ地域に似たような湖が結構あるのだな、と思っていました。 しかし、地図を見るとガリラヤ湖という湖一つしかありません。 別名がたくさんあって私は混乱していたのです。 今回の「キリスト教イロハ」は ...

キリスト教入門, 御言葉

しかし、恵みの賜物は罪過の場合とは異なっている。すなわち、もしひとりの罪過のために多くの人が死んだとすれば、まして、神の恵みと、ひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、さらに豊かに多くの人々に満ちあふれたはずではないか。 (ローマ5:15) ------------------ 渋谷駅前にギャルファッションの聖地と称された「渋谷109(イチマルキュー ...

キリスト教入門, 御言葉

わたしを見た者は、父を見たのである。 (ヨハネ14:9) ------------------ 教会に来始めの頃、同年代の若い神学生が自分の腕時計を見せて、 「正確に時を刻むこの時計がいつの間にか偶然出来上がったはずはないよね。こうなるように設計して作った人がいるはずだ」 と言うので、私は 「その通りです」 と同意しました。 すると彼は次に 「人間の体がこん ...

キリスト教入門, 御言葉

見よ、世の罪を取り除く神の小羊。 (ヨハネ1:29) ------------------ ヨハネの黙示録は難解な書として有名ですが、いくつかの合鍵さえ持っていればかなりの部分読み解くことができます。 その合鍵とは、この書で使われている隠喩と象徴という技法で表されているものが何であるかを知ることです。 たとえば、「地」はイスラエルで、「海」は異邦人世界です。 ...

キリスト教入門, 御言葉

そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。 (ヨハネ1:14) ------------------ 伝言ゲームというものがあります。 最初の人が伝えたはずのメッセージが、人から人へと次々と伝えていくうちに、最後にはオリジナルとは似ても似つかぬものとなる面白さがあります。 人間は不完全であり、聞き落としや聞き間違い、そしてその人なりの解釈が加えられるか ...