なぐさめ, 御言葉

彼はれだまの木の下に伏して眠ったが、天の使が彼にさわり、「起きて食べなさい」と言ったので、起きて見ると、頭のそばに、焼け石の上で焼いたパン一個と、一びんの水があった。彼は食べ、かつ飲んでまた寝た。 (列王紀上19:5-6) ------------------ 第2次世界大戦末期のアウシュビッツのユダヤ人捕虜収容所で、1944年のクリスマスから45年の新年に ...