伝道の書, 御言葉

これがその分だからである。 (伝道の書5:18) ------------------ 池波正太郎氏の小説『鬼平犯科帳』の主人公、長谷川平蔵は、生い立ちが生い立ちだけに、人情の機微がよくわかり、下情に通じています。 池波氏はある箇所で彼にこうつぶやかせています。 「つまりは、人間(ひと)というものは、生きて行くにもっとも大事なことは……たとえば、今朝の飯のう ...