今日のみ言葉【No.2504】(2021年 4月 3日)「神様のタイムテーブル」

わたしの時はあなたのみ手にあります。
(詩篇31:15)

——————

締切には力があります。

「○月○日までに完了しなければならない」というプレッシャーは確かに事を進めます。

さて、締切に間に合いそうもなく、もっと時間がかかることが明らかになった時、あなたはどうしますか?

焦るだけで何も手につきませんか?

その時は、あなたのタイムテーブルを書き換えるのです。

-*-*-*-*-*-*-

「時間がないからできない。無理だ」

と思考している自分を、

「これは不可能ではない。もう少し時間があったらできる」

と思考する自分へと変換させるのです。

すると、目もくらむような難題が、突然、現実的に見えるようになります。

たとえば、あなたの人生に10年がプラスされたと考えてみて下さい。

定年まであと10年だとしたら、健康寿命が10年プラスされ、今後20年間、健康で働くことができ、給料も社会保障も出ると考えてみるのです。

もしかしたら、勉強して学位が取れるかもしれません。

経済的基盤も整うでしょう。

今まで無理だと思ってきたことにも、意外な取っ掛かりが現実にあることに気づくはずです。

-*-*-*-*-*-*-

今述べたことは信仰を働かす一つの例です。

大事なことは、信仰の歩みを続け、決してあきらめず、自分が作ったタイムテーブルに固執しないことです。

人間が作った予定表に従って神は祈りに答える、と聖書に書いてあるでしょうか?

神は御自身のタイムテーブルに沿って動かれる御方なのです。

祈った通りに事が進まず、二転三転し、それでもなお道が定まらずにいるなら、その時こそあなたの「祈りの時刻表」を改訂する時です。

なぜなら、聖書は

「わたしの時はあなたのみ手にあります」
(詩篇31:15)

と語り、これが真実だからです。

-*-*-*-*-*-*-

<< 祈り >>

神様、自分が設定したゴールにたどり着かないと見えた時、私はすぐにあきらめ、心のダメージを少なくする方向に進むことに気づいています。

でも、どうかそのようにさせないで下さい。

むしろ、もっと長い時間で自分の計画を見ることができるように、私の目を開いて下さい。

天からの慈雨を待ちます。

期待します。

ここにとどまり続けます。

わたしの時はあなたのみ手にあるからです。

アーメン。

-*-*-*-*-*-*-

神様のタイムテーブルがあることを信じ、自分の予定を一つ一つ果たしていく今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

□ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ □
■メールマガジン「今日のみ言葉」
■発行責任者:山形ジョイフルチャーチ 丸山芳浩
■ご意見ご感想は、maruyama@mikotoba.orgまでどうぞ
■Webサイト  https://mikotoba.org
■Youtube 丸山芳浩師 メッセージチャンネル
www.youtube.com/channel/UCXkISdmuTWhsbW1i4DNey6w

■御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。
・御言葉メールをお申し込みになりたい方は
reg@mikotoba.org
(仮登録メールが送られますので、その中のリンクをクリックして本登録となります)
・御言葉メールを停止したい方は
del@mikotoba.org