今日のみ言葉【No.2382】(2020年10月17日)「喜ばしき声をあげる」

引用元:「ぶどうの木」https://docs.budounoki.info/19361

全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。喜びをもって主に仕えよ。歌いつつ、そのみ前にきたれ。
(詩篇100:1-2)

——————

果樹王国山形県に住むと、

「さくらんぼは買うものではなくもらうもの」

という感覚になります。

売り物にはならない規格外品が知り合いからまわってくるのです。

また、

「虫食いリンゴはおいしい」

ということもわかってきます。

外見は黒点があり、見栄えがよくないので、もし直売所で売られていても「訳あり品」として価格は安く設定されてあります。

しかし、

「虫が選んで食べるほどだからおいしいリンゴだ」

ということが実際に食べてみてわかるのです。

「規格外」や「訳あり」という否定的情報があるところには、必ず有益な面があるのを見出すのが人生を楽しくする秘訣です。

-*-*-*-*-*-*-

聖書は

「全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ」
(詩篇100:1)

と命じています。

規格外だろうが虫食いだろうが、そこにプラス面が必ずあるのだから、それを与えた主なる神を賛美せよ、ということです。

おもしろいことに、1611年に発行された欽定訳聖書(KJV)ではこの「喜ばしき声」を「joyful noise(ジョイフル・ノイズ)」と訳しています。

ノイズ(騒音)のような声であったとしても、それが喜びのサウンドなら神に向かって叫んでよいのです。

ダミ声であろうがしわがれ声であろうが、あなたの声は神が造られた、世界に一つしかない声なのですから、ノイズと言われようがその声で賛美するのです。

すると今いるところは夜の暗い道ではなく、昼間の明るい道となり、神の方向に向かって歩む道となるのです。

-*-*-*-*-*-*-

今のあなたの状況がどうあれ、主にむかって喜ばしき声をあげていきましょう。

たとえ今、そんなことをする気分にはならなくても、また、ノイズどころか恨み言しか出ない声であったとしても、喜びの声を上げてみるのです。

ひとつほぐれると、ふたつ目がほぐれます。

一点でも天上からの光を招くことに成功したら、それは二点、三点と増えていき、闇は光に負け、出て行ってしまいます。

喜びの声を一つあげる今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

□ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ □
■メールマガジン「今日のみ言葉」
■発行責任者:山形ジョイフルチャーチ 丸山芳浩
■ご意見ご感想は、maruyama@mikotoba.orgまでどうぞ
■Webサイト  https://mikotoba.org
■Youtube 丸山芳浩師 メッセージチャンネル
www.youtube.com/channel/UCXkISdmuTWhsbW1i4DNey6w

■御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。
・御言葉メールをお申し込みになりたい方は
reg@mikotoba.org
(仮登録メールが送られますので、その中のリンクをクリックして本登録となります)
・御言葉メールを停止したい方は
del@mikotoba.org