今日のみ言葉【No.2008】(2019年 5月15日)「しなやかな打たれ強さ」

2019年5月15日

あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神は、しばらくの苦しみの後、あなたがたをいやし、強め、力づけ、不動のものとして下さるであろう。
(第1ペテロ5:10)

——————

オバマ元大統領は野球好きで有名ですが、在任中にイチロー選手と会い、彼にこう質問したことがあります。

「外野からホームまでレーザービームのように一直線のボールが投げられる秘密は何なんだい?」
“How exactly do you throw that ball from in the outfield to home plate like a laser?”

イチロー選手の答は

「柔軟な筋肉です。大きな筋肉は必要ありません」
“Soft muscle. You don’t need to be big.”

というものでした。

(8分15秒あたりからイチローの話)

筋肉隆々の大男たちが集まるメジャーリーグで、細身の彼は劣るように見えますが、そうではなかったのです。

柔らかく、しなやかな筋肉を身に着けたイチロー選手の体は鞭のようにしなり、レーザービームと形容されるほどの強い送球でランナーを刺し、観衆を熱狂させました。

強さには様々な種類があるのです。

あなたの内にも神があなたならではの強さを培って下さいます。

初代教会の人々は、迫害という否定的出来事を通してその強さを身につけていきました。

-*-*-*-*-*-*-

ペテロの第1の手紙は、厳しい迫害下にあった教会を励ますために書かれた手紙です。

今日の聖句がある第5章では、現実はこういうものですよと、2つの大きな存在があることを知らせています。

まず第1に敵の存在です。

「あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている」
(第1ペテロ5:8)

いやいや、こんな恐ろしいものが歩き回っているのがこの世ならば、一歩たりとも外に出たくないと思わざるを得ません。

苦難と悪魔の姿しか見えなければ、この世は本当に地獄です。

ところが神は、

「この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい」
(第1ペテロ5:9)

と命令しています。

無力な私たちが、わざわざやられるために出ていくのでしょうか?

いいえ違います。

第2番目に、聖書は強い味方の存在を明らかにしているからです。

「 あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神」
(第1ペテロ5:10)

がいらっしゃるというのです。

この神がいらっしゃるので、私たちには勝つ見込みができ、信仰にかたく立って抵抗していこうと決心することができます。

-*-*-*-*-*-*-

私たちが悪魔に立ち向かえば、彼はすぐ逃げ去ってしまうかというと、そういう場合もあり、またそうならずに戦いが続く場合もあります。

試練と葛藤の中を通る時、一体これはいつまで続くのかと思い、予想よりも長引いて膠着状態に陥ると、永遠にこの苦しみが続くように感じられます。

しかし、ヨブ記を見ると明らかなように、神と悪魔の二大巨頭が対立しているのではなく、神の世界の中で悪魔は許可された範囲内でのみ動いているのだということがわかります。

すべての問題は神から与えられているのです。

それに時々悪魔も絡んできますが、神はあえてそれを許可していらっしゃいます。

なぜでしょう?

私たちの成長を促進させようとする神の愛の意図があるからです。

ですから、問題がこの世に生存する期間には限りがあります。

神が定めた間だけ苦しみがあり、苦しみを与えた目的が達成されれば、神が取り去ってくださるのです。

その目的とは、私たちが強くなることです。

「しばらくの苦しみの後、あなたがたをいやし、強め、力づけ、不動のものとして下さるであろう」
(第1ペテロ5:10)

打たれ、叩かれると、それをはね返す強さを身につける人もいるでしょう。

また、イチロー選手のようにしなやかさを身に着け、試練に出会ってもそれを静かに受け止める「打たれ強さ」を発揮する人もいるでしょう。

神は試練を通して、あなたの中の強さを引き出してくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

試練をものともせずに前進し続ける強さを身につけるも良し、しなやかな打たれ強さを身につけるも良しです。

あなたならではの強さを神様から養っていただく今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

□ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ □
■メールマガジン「今日のみ言葉」
■発行責任者:山形ジョイフルチャーチ 丸山芳浩
■ご意見ご感想は、maruyama@mikotoba.orgまでどうぞ
■Webサイト  https://mikotoba.org

■御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。
・御言葉メールをお申し込みになりたい方は
→ reg@mikotoba.org
(仮登録メールが送られますので、その中のリンクをクリックして本登録となります)
・御言葉メールを停止したい方は
→ del@mikotoba.org