今日のみ言葉【No.2444】(2021年 1月13日)「あなたの計画はゆるがない」

あなたのなすべき事を主にゆだねよ、そうすれば、あなたの計るところは必ず成る。
(箴言16:3)

——————

アメリカ人の英語の先生に

「新年の抱負という言葉は英語でもあるの?」

と尋ねたことがあります。

すると、

「ある」

という返事。

“New Year’s resolution”(ニュー・イヤーズ・レゾルーション)

と言うのだそうです。

しかしその直後、ニヤッと笑って、

「でも、続くのは3日ぐらいだけどね!」

と言っておられました。

「今年こそ」と年頭に思うことが三日坊主に終りがちなのは、全世界共通のようです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書はそれとはまるで反対のことを言っています。

「あなたのなすべき事を主にゆだねよ、そうすれば、あなたの計るところは必ず成る」
(箴言16:3)

新改訳聖書では少し柔らかい感じで訳されています。

「あなたのしようとすることを主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない」

あなたが新年の抱負や、今年の目標を決めたなら、それを

「主にゆだねよ」

と聖書は命じています。

現実には自分が動かなければ物事は進みませんから、努力や頑張りは尊いものであり、必要欠くべからざる要素です。

しかし、実は自分の努力は2番目に来るもので、まず最初に主の導きを求め、それに従って進みなさいと勧告しているのです。

なぜなら

「神はあなたがたをかえりみていて下さるのである」
(第1ペテロ5:7)

からです。

愛の神が先頭に立ってあなたを引っ張っていて下さる、というイメージを持ってみて下さい。

神は必ず正しい方向を示してくださいます。

ですから、ゆだねるとは自分が無責任でいいというのではなく、神の方向と自分の方向を一致させようという心構えを持ち、そうなるように意識しながら努力するということです。

-*-*-*-*-*-*-

そのようにすれば、

「あなたの計画はゆるがない」

というのです。

ただしそれは自分が決めたスケジュール通りになるということではありません。

主にゆだねる時、思わぬことが起り、あなたが作った段取りやスケジュールは変更を強いられるでしょう。

しかし、それは計画を断念せねばならないとか、挫折したということではありません。

主ご自身が私たちの計画と目的に、正しい、恵みの方向づけをしてくださるので、自分が引いたラインとは違った線を歩まなければならなくなるのです。

やがて、

「そうか、私は本当はこうなることを願っていたのだ」

とわかり、自分の立てた計画は揺るがないで、本当の意味で達成されたことを知るのです。

-*-*-*-*-*-*-

主に信頼することを学びましょう。

そして、主に導きを求める一歩を踏み出す今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

□ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ □
■メールマガジン「今日のみ言葉」
■発行責任者:山形ジョイフルチャーチ 丸山芳浩
■ご意見ご感想は、maruyama@mikotoba.orgまでどうぞ
■Webサイト  https://mikotoba.org
■Youtube 丸山芳浩師 メッセージチャンネル
www.youtube.com/channel/UCXkISdmuTWhsbW1i4DNey6w

■御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。
・御言葉メールをお申し込みになりたい方は
reg@mikotoba.org
(仮登録メールが送られますので、その中のリンクをクリックして本登録となります)
・御言葉メールを停止したい方は
del@mikotoba.org