今日のみ言葉【No.1994】(2019年 4月20日)「落胆しても続けられる生き方」

2019年4月20日

天の川

わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。(第2コリント4:18)

——————

私のところには毎週「ご利用ありがとうございました」という件名のメールが届きます。

御言葉メールをやめた方からの通知です。

以前はそれを読む度にドキッとし、「何か気に障るようなことを書いてしまったか?」と考えたのですが、今は別の考え方をしているので、そういう気持ちはだいぶ収まりました。

自分を責める思いを解消する考え方とは、私の場合、

「自分だって他のメールマガジンを自分の都合で解約しているのだから、この方も何かご自分の都合があったのだろうなあ」

というものと、もうひとつは

「やめた人は1人。でも続けている人は1000人」

というものです。

1人の解約通知は目の前に現されますが、1000人の「期待しているよ」という通知は目の前には現れません。

「目に見えないけれども、そちらのほうが大きく、確かなのだ」という信仰の上に立って日々の行動を決めて行く時、私たちは人生の道を逸れることがありません。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句の前に、パウロは

「だから、わたしたちは落胆しない」
(第2コリント4:16)

と言っています。

つまり、パウロという優秀な人物さえも、一時は落胆していたということです。

種まきのたとえ話のように、御言葉の種を蒔き、伝道に励んでも、

(1)鳥が来て種を食べる。つまりサタンが人の心から御言葉を奪ってしまう。

(2)石地に落ちて、芽は出すが枯れる。つまり一時的に信仰に燃えるだけで消える。

(3)いばらの中に落ちて成長が塞がれる。つまり世の様々なことに惑わされて信仰が伸びない。

(4)良い地に落ちて豊かな収穫を得る。つまり御言葉を聞いて悟る人が信仰の実を豊かに結ぶ。

という4種類の反応があり、そのうちの3つはうまく行かないのだとイエス様はすでに語っておられます。

また、ひと粒のからし種の御言葉が成長したとします。

「成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿る」
(マタイ13:32)

あんな小さなところから、と思うほど教会が大きく成長すると、先ほどの種をついばんでいった鳥、すなわちサタンが侵入し、教会内を混乱させるという事態が起きます。

パウロはこのようなことで苦しみ、一生懸命やったことが無に帰したり、せっかく育てたものが奪われたりと、労したのに報われないという体験をたくさんしたのです。

-*-*-*-*-*-*-

しかし彼は落胆しないと言っています。

なぜなら、自分はキリスト教の迫害者であったのに、

「このようにわたしたちは、あわれみを受けてこの務についているのだから、落胆せずに」
(第2コリント4:1)

と、福音を伝道することは、資格があるから始めたことではなく、ただただ神のあわれみで召されたからだというのが第1の理由です。

そして彼は

「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである」
(第2コリント4:18)

と言っています。

目の前の現象は一時的なもの。

しかし、見えない神の御手がすでに働いていて、実はそちらのほうが確かなのだ、と信仰の方向に人生の舵を切ったのです。

今は知覚できないが、実は目に見えるよりもっと大規模に神の業は浸透し、効果を上げている。

見えないだけで、実はそちらのほうが永遠に続く価値あるものだ。

パウロを通して私たちに与えられている信仰とは、そのように落胆から私たちを守り、永遠の希望を抱かせる力強いものなのです。

-*-*-*-*-*-*-

目に見える状況に右往左往する時こそ、目に見えない神の存在を思い起こし、確かな一歩を踏み出す今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

□ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ □
■メールマガジン「今日のみ言葉」
■発行責任者:山形ジョイフルチャーチ 丸山芳浩
■ご意見ご感想は、maruyama@mikotoba.orgまでどうぞ
■Webサイト  https://mikotoba.org

■御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。
・御言葉メールをお申し込みになりたい方は
→ reg@mikotoba.org
(仮登録メールが送られますので、その中のリンクをクリックして本登録となります)
・御言葉メールを停止したい方は
→ del@mikotoba.org