今日のみ言葉【No.1988】(2019年 4月13日)「何も思い煩わなくて済む人生」

2019年4月13日

だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。
(マタイ6:34)

——————

デール・カーネギーは悩みの中にあった時、悩みについての実際的処方箋が書かれてある本を探しましたが、アメリカにはそのたぐいの本がまだ無いということがわかりました。

そこで彼は自分でその本を書くことにしました。

悩みについての古典的名著『道は開ける』の誕生です。

私はこの本を十代で手に取りましたが、その最初の方に、今日の聖句が出てきます。

それがどれほどの影響を与えたかは自分の人生を振り返ってみて実感致します。

-*-*-*-*-*-*-

悩まないで生きられればいいが、そうも行かないのが現実の人生です。

救い主のイエス様ご自身さえこう断言しておられます。

「あなたがたは、この世ではなやみがある」
(ヨハネ16:33)

ですから、今日も悩みはつきまとうのです。

しかし今日の聖句は

「だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である」
(マタイ6:34)

と言っています。

人間は今日一日分の悩みだけ悩みなさい。明日は明日の分の思い煩いはあるが、それを今日に持ち込んではいけませんよ。今日、与えられた苦労だけ苦労しなさい、ということです。

これは神様からのご命令です。

人間は明日のことを思い煩うことをやめなければならないのです。

-*-*-*-*-*-*-

これは明日以降の段取りや計画を一切やめろということではありません。

人間に与えられているのは明日ではなく、実は今日一日だけなのだということに気づけということなのです。

明日のことを計画しながら、今日一日に全力を尽くすこと。

それが思い煩いから解放される人生の秘訣なのだと聖書は語っているのです。

大事なのでもう一度言います。

明日のことを思い煩ってはならないのです。

明日のことを気にして悩んでいるなあ、と気づいた瞬間に、その悩みは神様にゆだね、今日一日、自分が出来ることのみをすること。

その人生こそ神があなたに望む人生なのです。

-*-*-*-*-*-*-

明日への思い煩いを捨てる、人生初めてのスタートの日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

□ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ □
■メールマガジン「今日のみ言葉」
■発行責任者:山形ジョイフルチャーチ 丸山芳浩
■ご意見ご感想は、maruyama@mikotoba.orgまでどうぞ
■Webサイト  https://mikotoba.org

■御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。
・御言葉メールをお申し込みになりたい方は
→ reg@mikotoba.org
(仮登録メールが送られますので、その中のリンクをクリックして本登録となります)
・御言葉メールを停止したい方は
→ del@mikotoba.org